必要となる技術的な要素と資質

看護師は女性が中心になり働く希有な職種である。それ故に、女性ならではの心遣いや繊細さを活かして活躍することできるやりがいのある仕事だ。

医療機関に勤務するナースに求められる資質としては入院患者にケアを提供する際に必要な繊細さが挙げられる。しかし、その他にも患者の健康管理や服薬指導などが必要になる事から指導者としての資質も不可欠な要素とされるのだ。

医療機関に勤務するナースは時として患者を励ましたり、患者を支えたりしている家族の相談役となる事が重要になる。その為、看護技術が優れているだけでなく、医療従事者としての優しさや精神的な強さが求められるのだ。患者の中にはナースの話を聞こうとしない方もいるために病院勤務での苦労となる事もあるが、根気強く患者にケアを提供しながら関係性を深めていく事で患者の理解を得られることが多くなるのだ。そして、看護師の職場では重篤な患者に看護を提供する事も多い為、常に患者の命についての重いプレッシャーを抱えなければならない。従って、連日の勤務の中での精神的な負担が大きくなるので、医療従事者としての心理面の強さが要求される。

且つ、看護職は幅広い年齢層の患者へ接することも必要である為、柔軟性に富んだコミュニケーションスキルが大切だ。これらの理由からナースには幅広い資質が要求される為、ベテランナースとして活躍するまでには幾つものハードルを乗り越えていくことが要求されるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です