精神的な負担を減らすために

看護師の職場は患者の生命を扱うケースも多く、緊迫する場面が多くなる。その結果、日々の職務の中では精神的なプレッシャーが大きくなりがちである。また、夜勤の組み込まれている仕事では身体的な負担も加わり、心身ともに苦労が大きくなる傾向が見受けられる。

特に、新人ナースの場合は仕事に慣れていないこともあり、多くの技術的な要素を学ばなければならない。従って、入職して直ぐの時期は心身面の苦労に悩まされる方が多く見られる。これら看護師の心身面の負担を解消していく上では、より良い就労環境を独自につくりあげていく努力が大切になる。とりわけ、新人の時には先輩ナースから直接的に指導を受ける機会も多くある為に、周囲のスタッフとの良い関係性を構築する事に専念する事が重要なのだ。やはり、積極的なナースや物覚えの良い新人は高く評価されやすく、その結果として他の医療スタッフとの良い関係性が短期間で形成され心身面の負担を解消する要素となるのだ。その為には仕事を早く覚える為に絶えずメモをとり、その内容を普及し個々のスキルとして活用できるようにすなどの努力が大切である。

また、職場で指導者的な立場にあるナースを見極めて、絶えず教えを請うことも働きやすい環境をつくりだすのも効果的な対策である。看護技術は仕事を円滑にこなす為にも出来るだけ早期に身に付けるべき要素である為、患者にスムーズに対応する技術を習得していくことが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です