看護師の苦労とストレス対策

新人看護師にとって、職場での苦労や不安はつきものである。ここでは仕事を始めたばかりの時期に起こりやすい問題とその対処法について考えてみよう。新人とは言え、患者にとっては一人の看護師、トラブル時にはプロとしての対応が求められる。慣れない新人の期間をストレスフリーで過ごすためには、まず不必要に落ち込まないことが大切である。

学生時代の実習で学ぶことのできる技術は限られており、実際の現場では日々予想もできない問題が起こるものである。目の回る忙しさの中、力不足を感じて落ち込むことも多いだろう。しかし忘れてはならないのは、全ての先輩たちもそれらを経験してきたということだ。日々の経験を重ねることで、前よりもうまく対処できるようになっていくのである。人と比べる必要はない。自分だけの目標を立て、一つずつ達成していくようにしよう。

また、仕事をしていると「辞めたい」という思いを感じることがあるかもしれない。患者への対処の仕方がわからない、技術不足で上手にできないなど、自分はこの仕事に向いていないと感じる瞬間は誰にでもあるものだ。しかしどのような仕事であれ、新人の時は経験も技術も不足していて当然である。毎日仕事に向き合っていくことで経験を重ねてきた人たちが、目の前の先輩たちである。経験豊富なベテラン看護師であっても、日々新しい経験をしているのは新人と変わりはない。再度強調するが、これらは全ての新人が通る道である。一日一日の仕事を丁寧に行い、昨日より今日、今日より明日と、自分だけの進歩を喜び、自分自身の成長を感じていくことが大切だと言えるだろう。

はじめからできないことは当たり前、という意識を新人看護師は持っておいた方がいいだろう。それは決して、できないから努力しなくていいということではない。できないことをネガティブに捉えるのではなく、客観的に見て「ではどうするか」と意識転換することが大切だと言っているのである。こういった面から、新人看護師はあらかじめ看護師たちが直面する様々な苦労について知っておくといいだろう。

推奨サイト:「看護師の苦労って?」http://strugglenurses.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です